相続による不動産売却

太田市で売却に関する相談先をお探しの皆様へ

日本の相続財産のうち、半分以上を占めるのが不動産です。

自分が住んでいなかった土地や少しの間しか住んでいなかった場合などその相続した不動産の状況が解らないケースが相続不動産の売却ではよく見受けられます。 不動産の売却には一般から買い手を探す仲介による方式と、不動産会社が直接購入する買取という大きく分けて2通りの方法があります。 群馬県太田市相続した不動産を手放すことをご検討中の皆様へご事情やご希望に合わせてどちらの方法がお客様にとって最善かを二人三脚で検討してまいります。
売却
  • 不動産を相続したが使う予定がない
  • 相続した不動産の売却を考えている
  • 不動産を売りたいがどうしたらいいのかわからない
  • 不動産を相続したが売る以外の方法を知りたい
相続した不動産は放置しておくと損!

相続の発生によって親が所有していた不動産を譲り受ける場合、税金がかかります。さらに自分たちが居住している不動産でなければ、日々の管理も難しいでしょう。しかし、管理が難しいからと言って放置しておくことは得策ではありません。なぜならその間も固定資産税を払い続けなければなりません。

ご希望に合わせて太田市で最適な売却方法をご提案いたします

「なるべく高く手放したい」「できるだけ早めに売りたい」「近所には知られないようにしたい」など、売却に伴うご事情やご要望に的確にお応えしてまいります。これまで長年に亘って地域に根ざした営業を続けてきたため、土地や戸建て、マンションといった様々な物件の査定や仲介、買取に関して豊富な経験値と知識、情報を持っているのが強みです。 仲介による売却をお考えの方には、各物件の状況や価値、魅力などを丁寧に査定し、近隣エリアにおける取引データや流通相場などを加味してご希望の時期に買い手が見つかるような売り出し価格をご提示いたします。不動産会社に売却する買取サービスは仲介と比較して早期に手放せることや、秘密を厳守した売却ができることなどのメリットがあります。お客様のご希望に合わせてご提案いたします。
家1

太田市周辺で相続した空き家・空き地の売却をお考えの皆様へ

少子高齢化がさらに加速している日本においては、親から相続した土地や建物を利用する計画がないまま放置されるケースが増え、全国で800万戸以上の空き家があるという調査結果も明らかになっています。2015年には空き家に関する新たな法律が施行され、人が住まないままになっている住宅にはこれまで以上に税金負担が増える可能性も高まっています。 土地であれ戸建てやマンションであれすぐに使い道が思い浮かばない場合には、計画が決まるまで維持管理したり、賃貸物件として収益を得たり、売り払って現金化し資産の組み換えを行ったりと様々な選択肢があります。「空き家になっている実家を売りたい」「どのような要素を考慮すればよいかわからない」「どれぐらいで売れるのか査定してほしい」などのご相談やご依頼をお待ちしております。
家2

前向きな想いで次の一歩を踏み出すための「任意売却」制度

「状況が変化して住宅ローンの返済が苦しくなった」「銀行から督促状や一括弁済の通知書が届いた」という方は、あきらめる前にぜひ一度ご相談ください。ローンの返済が滞る状態がしばらく続きますと、お持ちの不動産物件が競売によって強制的に売却されてしまう可能性が高くなります。しかし、競売にかけられる前に所有者の方がご自分の意思で売却できる制度があり、「任意売却」と呼ばれています。 競売になった場合には落札価格が市場価値を下回ることが多いだけでなく、予期していなかったタイミングで退去を迫られる可能性も考えられます。任意売却を活用するために必要な条件や手続きなどについてわかりやすくご説明し、明るい気持ちで次のステージへの一歩を踏み出していただけるよう丁寧にお手伝いいたします。
家3